【アムステルダム】Banksy (バンクシー)作品の宝庫!Moco Museum に行ってきた。〜行き方とbibily的備忘録〜

こんばんは。Bibilyです。

気まぐれに更新しているこのブログ。

シンガポール旅行記やらはとバスツアーのことやら、

書いて残しておきたい出来事たくさんあるのですが…

 

他の何よりも、「あー!早くブログ書きたい!」という出来事があったので他に溜まっている出来事を差し置いてさっそく書くことにしました!笑

 

な、な、なんと今日。あのバンクシーの作品がたくさん展示されている「Moco Museum」へ行ってきました!

最近、日本でも話題になっているバンクシー。

ネットニュースでちやほやされる”ちょっと”前から虜になってた身としては寂しいような。

ヤキモチ焼いちゃうような。。。

まだ、ネットで検索してもパンクシー専門のサイトは1つか2つだったのになぁ…

そのサイトももう他の野次馬的記事 (←言い方!)に埋もれてしまいました (泣)

 

まぁそれだけバンクシーの知名度が上がったってことですよね!

遠い存在になって悲しい。別に近い存在だったわけでもなかったけど

 

7月にパリでバンクシー巡りをしたのでそれも近々、旅日記書きたいなと!

パリにいく方はぜひ巡ってほしい!

 

話は逸れましたが (笑)

Moco Museumについての記事です。

館内は写真撮影もOKだったのでたくさん撮ってきましたよ(^ ^)

アムステルダムにいく予定はないな〜という方はこの記事を読んで行った気になっていただければ。

これから行く予定の方はネタバレになってしまうのでチラチラ〜と適当に流し読みすることをオススメ致します。笑

 

ではでは、長らくお待たせしました。

バンクシー作品が多く展示されているオランダはアムステルダム「Moco Museum」の旅行記です↓

 

で、Moco Museumって?

 

アムステルダム国立美術館からほど近い場所にある個人美術館です。

この美術館を経営している夫婦が取集した作品を展示しているとか。

 

高値で売買されるバンクシー作品。

バンクシー作品
http://www.walls-tokyo.com/より

 

最近ではオークションで自分の作品をシュレッターにかけたことでも話題になりましたね

Banksyインスタアカウント
Bankksyのインスタアカウントより

あんなに集められるなんて、とてつもないお金持ちなんだろうなぁ…

 

そんなMoco Museumはピンクの垂れ幕が目印の一軒家のような建物です。

 

Moco Museumまでの行き方

 

 

Moco Museumまでは街中を走るトラムに乗っていくことができます。

私たちは花市場近くのトラム駅から乗車。

 

4駅先の「Rijksmuseum」(アムステルダム国立美術館の駅)で下車しました。

雨だったこともあって少し混みぎみ…

治安も別に悪くない地域ですが、スリする人はどこにいるか分かりません。

バックは体の前でキープしておいてください。

 

「Rijksmuseum」駅まで着ければMoco Museumはもうすぐそこです。

トラムを下車したらアムステルダム国立美術館を左手にし、道に沿って進みます。

Moco Museum外観

左手に一軒家のような建物が見えてきました

今は目立つピンク色の垂れ幕がかかっていましたが、定期的に変わるのかな?

 

不安な方は「Google Map」や「Maps me」に場所を登録しておけば確実です!笑

 

待ち時間とチケットの買い方

 

 

公式HPより事前入場チケットを購入できます。

当日チケット待ちの列に並ぶ必要もなく、1ユーロ割安で予約可能。

チケット予約画面

 

ちなみに入館する時間帯が11時前、17時以降だと通常の価格より3ユーロも安い値段で購入可能です!

チケットオンライン予約画面

オンラインでチケットを買おうと思ったのですが、なぜかクレジットカードが2枚とも使えず…

当日直接カウンターで購入しました。

 

タイミングがよかったのか、全く並ばずに入館できましたよ!

(帰る時には10組ほど並んでいたので、時間帯によってはチケットを買うまでに時間がかかるかもしれません。

やはり、事前にオンラインで予約しておくことをオススメします)

【写真】

Moco Museumに入館

 

 

個人の収集家が経営しているMoco Museum。

いま日本でも話題沸騰のバンクシーの作品が多く、展示されています。

 

建物は地下から3階まであります。

まずは1階から。

バンクシーの代名詞とも言える作品が多い印象でした。

バンクシー作品

パレスチナにも大きな壁画がある花を投げる男の絵です。

バンクシーをあまり知らない人でもこの絵は見たことがあるという方も多いのではないでしょうか

Moco Museumのモチーフカラーにもなっているモナリザの絵です。

 

隣には作品の題名と説明があります。

音声オーディオで作品の説明を聞いている人もたくさんいました

日本語はないようでした…(泣)

これまた有名な少女と風船の絵。

もちろん今まで見たことない通な作品も沢山ありました!

 

次は2階に上がります。

1階から2階へ上がる途中の壁に展示されている作品です。

 

祈る少年の絵。

2匹のサルの絵です。窓(?)に描かれた作品のようです。

2階は動物をモチーフにした作品が多かったです。

 

バンクシーの作品以外にも日本人女性アーティスト草間 彌生さんの作品や

その他海外アーティストの作品が展示されていました。

 

作品は随時変わるそうです!

 

バンクシーのグッズが欲しい方必見!

 

 

地下階 (チケット売り場が地上2階なので実際は地上1階) でバンクシーのグッズを購入することができます。

 

Moco Museum入り口

入るときは混み合っていましたが、帰るころには3、4組減っていました(笑)

混み具合はタイミングによるようです

バンクシーグッズ

ポスターやスマホケース、Tシャツなどを買うことができます

バンクシーグッズ

ちなみに私は一番右の写真集を買うか迷いに迷ったのですが、ユーロがあまりなかったので断念。

(旅行中にクレカ2枚とも使えなくなりました笑  ※只今、原因捜索中です)

 

でもでも、後から調べたらなんとAmazonで帰ることが判明!

日本に帰ってから購入しようと思います(笑)

 

おわりに

口コミ通り、美術館自体はこじんまりとしていましたが、バンクシーにときめいてる者としては

とっても満足!!!

 

友達はあまり興味ないようでしたが、私のわがままに付き合ってくれました(泣)

ありがとう!←ちなみにロンドンの時も一緒に壁画探ししてくれた…。感謝!

 

まだ、写真を整理しきれてなくてアップできていない作品もあるので、後々載せたいと思います。

オランダには行く機会がないという方もこの記事でちょっとは雰囲気を味わっていただけたらな!

 

これからオランダに行くという方はぜひ、Moco Museum行ってみてくださいね♪

他のヨーロッパ旅行記もマイペースに更新していきたいと思いますので、

よかったらまた覗きに来てください♡

 

それでは!

「【アムステルダム】Banksy (バンクシー)作品の宝庫!Moco Museum に行ってきた。〜行き方とbibily的備忘録〜」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です